東京葛飾医療生活協同組合
保健・医療・介護のネットワークで地域まるごと健康づくり
プロフィール
医療活動の宣伝紹介
事業所紹介
活動紹介
医療介護事例相談
イベント紹介・健康のはぐるま
 
求人情報
 
リンク
 
虹の箱(ご意見箱)
HOMEへ
BACKへ
 
 3つの診療所で常勤医師、診療放射線技師、看護師、事務職員、そして非常勤の医師、パート職員の協力を得て「地域に愛される診療所、信頼される医療機関」として組合員と共に歩んでいます。患者さんが診療所を訪れご満足いただく為、ひとりひとりの職員が同じ目線で接遇や技術提供できるよう努力しています。以下目標に触れていきます。
 在宅医療の充実に努め、介護者が安心できる24時間対応しています。基本的にはどんな重症を抱える患者さんもお受けできるようにしています。訪問看護、介護職員の連携を密にしています。
 慢性疾患医療の充実…通院されている患者さんから進行がんなどが発見される事がないよう、定期的な検査のお勧めに力をいれています。また患者さん自身が、からだについて知り、学び、気をつけていく事が療養の基本と考えています。
 専門外来の充実につとめています。また、最先端の検査依頼など大学病院はじめ近隣の病院などにスムーズな連携が構築されています。入院に関しては、ご希望の病院への依頼を基本としながらも病気の特徴からアドバイスさせていただき、多くの病院に協力していただいています。またさまざまな困難を伴う入院等に関しては、病院の医療相談員と事前に連絡をとるなど不安の除去に努めています。
 全職員参加による『事例検討会』では、病気について理解を深める学習と共に患者さんが抱えているさまざまな問題について出し合い解決策をみいだしています。
 安心・安全・信頼の医療に一丸となって取り組んでいます。日常医療のどんな問題も放置せず『ミス・トラブル』報告書を徹底し全職員のものとし再発防止に努めています。 不幸にして医療事故に繋がった場合は、事実を確かめ患者さんに誠実な対応をしていくことを使命としています。
 何らかの事情で受診を中断された方には、電話や訪問などでその原因を把握するよう努力しています。経済的な問題等で中断を余儀なくされる方には解決策をご一緒に考え、時には行政への働きかけもしています。
また、対応その他が原因で中断に繋がった場合は真摯に受けとめ再発防止に努力していきます。
 自治体健診や企業健診も積極的に取り組んでいます。
また健診結果から労働環境が健康に悪影響を及ぼす場合には、産業医(非常勤)の指導も受けて、必要な改善策も見いだしています。
写真 患者、ご家族が何でも気軽に相談していただけるよう『笑顔と思いやり』を大切にする職員集団をめざしています。

〒125-0063 東京都葛飾区白鳥2-3-6 TEL 03-5680-7166/FAX 03-5680-7167
Copyright(c)2004 東京葛飾医療生協